長崎県立大学、学生サークル「シーボルト企業研究会」発足

長崎県立大学シーボルト校、国際情報学部国際交流学科の学生を中心に今年度より、学生サークル「シーボルト企業研究会」(代表:神崎彩女、顧問:小原篤次)が発足しました。

研究論文、ディベートなど全国規模の大会(証券ゼミナール大会や日経STOCKリーグ)に参加するため、研究会、合宿、企業訪問などを計画しています。2-3年のゼミ生が母体になっていますが、大学の枠にとらわれず、参加や協力を呼びたけていきたいと思います。

高校生の間では、人気の低下が懸念されていますが、経済学や経営学は年齢を重ねるほどにニーズが高まる特徴があります。