ノルウェー政府系ファンド、11年1兆2500億円損失、日本の年金の損失は8兆1400億円

2011年に関しては、ノルウェーより日本が損をしたことになる。
株価の低迷、円高の影響が大きい。
1月後半から、円高から円安へ、そして株価も反発しており、3月末では、運用の改善も期待される。

ノルウェー政府年金基金Government Pension Fund Global
運用資産約6000億ドル(約50兆円)

2011年に860億ノルウェー・クローネ(約1兆2500億円)の損失(時価評価)

運用成績はマイナス2.5%
株式投資でマイナス8.8%
債券投資でプラス7.0%

運用目標指標のベンチマークより0.1%ポイント悪い結果

<参考>
日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
運用資産108兆1297億円(2011年末)、116兆2720億円(2010年末)

2011年
運用成績はマイナス7.0%

運用資産の割合
国内債67.4%
国内株11.1%
外国株10.1%
外国債 8.3%

参考(2012年3月16日アクセス)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M0Z0Q76JTSE801.html
http://www.nbim.no/en/press-and-publications/News-List/2012/press-releas-annual-report/
http://www.gpif.go.jp/operation/state/pdf/h23_q3.pdf