日本の短命政権は異例、在職期間を延ばす制度変更も検討を-朝日新聞に寄稿

世界で選挙・首脳交代が重なった2012年が終わろうとしている。世界の首脳任期や在職期間をみると、改めて日本の首相の短命さが際立つ。日本の首相や財務大臣の在職期間は、任期5年の日本銀行総裁に比べて随分短い。平成の首相は例外的に長期政権だった小泉純一郎を除いて平均すると451日(小泉を含めると541日)で、日本郵政の斉藤次郎社長の3年間にも遠く及ばない。短命な政権から見れば、日銀総裁などは安定した身分で責任をとらないと見えてしまうのかもしれない。日本維新の会やみんなの党は首相公選制に積極姿勢だが、肝心の自民党と公明党の連立政権は首相公選制を優先政策にはしていない。

■フランス大統領任期は7年、オバマは再選で8年

まず、首脳の任期という視点で、世界の選挙・首脳交代イヤーを振り返る。1月の台湾総統選挙では、国民党の馬英九総裁が4年間の任期を終えて再選された。3月のロシア大統領選

続きは朝日新聞webronzaで。