学びの期間:中国は20週、日本は15週、長崎県立大学 准教授 小原篤次

8月に中国の大学を訪問して、うらやましがられたことがある。中国では、前期、後期が18週間~20週間、日本では15週である。
日本は、中国より休みが長いということだ。授業時間は一コマ50分、日本は90分。
それから地元の学生でも基本的に寮生活という。かつては6人一部屋、現在は4人一部屋が増えているらしい。
日本に無いものといえば、ほかに軍事教練がある。ちなみに留学先の国立フィリピン大学でも、軍事教練はあった。