中国、ウルトラ成長期の終焉-朝日新聞への寄稿

中国の2012年第2四半期(4~6月)の実質国内総生産(GDP)成長率が前年同期比7.6%になった。中国のGDP成長率は6四半期連続で鈍化しており、2009年第1四半期(1~3月)以来3年ぶりの低水準で、中国の成長に期待する先進国からも、懸念する声が高まっている。年間の成長率が1999年(7.6%)以来の低水準になる可能性もある。

世界金融危機から4年が経過しようとしている。中国にとっては北京五輪や四川大震災から4年が経過した。欧州は債務危機を抱え、

続きは朝日新聞WEBRONZAへ。