【全国学生対抗円ダービー】長崎県立大学シーボルト校から3チーム参加、1回戦は最高全国11位

中学生以上がチームで円・ドル相場の予想を競う「第16回学生対抗円ダービー」に、長崎県立大学シーボルト校から3チーム参加しました。1回戦は全国53校374チームが6月末の円・ドル相場の予想を競いました。学生対抗円ダービーは6、7月末の2回の予想と現実の差を合計し、乖離幅の少なさで順位が決まります。

1回戦の全参加チームの予想値の平均は110円36銭で、実際の相場との乖離(かいり)幅の平均は7円84銭でした。

1回戦に参加した全53校の内訳は、大学が42校、高校が10校、中学が1校。

長崎県立大学シーボルト校の参加は今年で、5年目となりました。当初、3年間は演習、その後、2年間は講義で参加を呼びかけています。過去最高は2014年の第14回ダービーの暫定4位と最終8位です。

3チームの結果
応募番号65、104円99銭、乖離2円30銭、全国11位
応募番号66、111円79銭、乖離9円10銭、全国246位
応募番号72、107円60銭、乖離4円91銭、全国71位
※6月末の円相場 102円69銭(東京外国為替市場、6月30日午後5時の対ドル終値)

日本経済新聞電子版