2016年度地域情報経済論のテキスト・参考文献

地域情報経済論の地域は、ローカルではなく「アジア・太平洋」として位置づけています。
アジア・太平洋には、シリコンバレー、ハリウッドなど米国を含めています。

アップルの端末で、J-POPを聴くのが日常になりました。

パソコン、携帯型音楽プレイヤー、スマートフォンと、デジタル端末で、
日本市場でさえ、海外ブランドがヒット商品になりました。

テキスト
スマートフォンをめぐるアップルとグーグルの興亡を描く。

参考文献
グーグルの創業、既存メディアの影響について描かれている。

日本を代表とするポータルサイトのヤフー・ジャパン。日本企業だけにグーグルよりイメージしやすい。

エレクトロニクスを中心とする日本企業の劣化について、システム的思考を課題としてあげている。

価格と、消費および販売戦略を解説する。

スマホベースのインターネット時代は、パソコンベースのインターネット時代より、マネタイズが叫ばれている。しかし基本は依然として「フリー」である。

「フリー」から、SNSで「シェア」が注目される。