東大総長が「朝食を食べて」と挨拶する時代 大学は「100円朝食」を提供する必要があるか?

全国の大学で広がりを見せている「100円朝食」。昨今は無料や1円なども登場している。今回はこの現象について経済学も活用しながら考察してみたい。

「朝、きちんと起きて朝食をしっかり食べる」

東京大学の五神真総長は今年4月の入学式の挨拶の後半で、朝食について触れている。「規則正しい生活をする秘訣をお教えしましょう。まず、朝、きちんと起きて朝食をしっかり食べること、そして授業に出席することです」(挨拶の中心は「知のプロフェッショナル」)。これを受けて、東京大学駒場キャンパスの生協は5月18日から29日まで、午前9時までの90分間限定で、半額キャンペーンを実施した。

続きは朝日新聞WEBRONZAで。