計画停電より夏休み民族大移動の勧め-朝日新聞寄稿

電力需要が伸びる時期に入った。夏季は、オフィスや工場などで冷房需要が拡大する午後2時~午後3時がピークとなる。東日本大震災直後の昨夏、官民一体になった節電ムードから、供給体制を中心とするまるで「平時のような議論」に逆戻りし始めている。

■福島第1事故は終わっていない
続きは、朝日新聞WEBRONZAで。