第2章 ノート・テイキング

まずは、スマホ時代ですが、手書きのノートと手帳は確認のためにも必要です。意外に、迅速に閲覧できます。

教員によって、講義メディア(講義方法、講義スタイル)が違います。

以下、5つに分類しました。

  1. 座学(話す、説明、質問)
  2. 板書
  3. パワー・ポイント
  4. テキスト・資料
  5. 動画・画像・音声

注:佐藤望ほか2012の35-37ページ参照

講義中のノートは整理されていません。このため、自宅で清書するのが有効です。同時に、専門用語になじむ必要があります。そのためには、テキストや参考書を予習してください。テキストや参考書が指定されていない場合は、担当教員に書籍の推薦をお願いしたり、図書館で探しましょう。