インターンシップ応募で始まる大学3年生の就活 朝日新聞WEBRONZA寄稿、長崎県立大学国際情報学部准教授 小原篤次

大学3年生、大学院修士課程1年生など2014年卒業予定者の就職活動が事実上、始まった。マイナビ、リクナビ、日経ナビなど就職情報会社のサイトが2014年6月1日、開設させた。3年生向けに新規登録を促す広告ビラが各大学の就職課に山積みされている。登録すれば、「インターンシップは採用選考とは一切関係ありません」との但書き付きで個別企業のインターンシップ募集が送られてくる。文字通り受け止める学生は少ないだろう。

2014年卒業予定者向けの就職情報サイトは、夏のインターンシップ募集サイトとして立ちあがり、12月以降、新規卒業予定者向け情報サイトに変身していく。

続きは、朝日新聞WEBRONZAで