中央大学経済学部教授・中條誠一氏の研究会報告、12/7(水)午後4時20分、長崎県立大学シーボルト校(長与町)

中央大学経済学部教授・中條誠一氏の研究会報告

日時:2016年12月7日(水)16:20~17:50

会場:長崎県立大学シーボルト校中央棟M101教室

報告テーマ:金融・通貨から見た世界経済:人民元の国際化を中心に

略歴

中央大学大学院経済学研究科修士課程修了。1993年、商学博士(大阪市立大学)。1993年、日商岩井株式会社調査室員、その後大阪市立大学商学部助教授・教授を経て、1996年より中央大学経済学部教授

主な研究領域は、国際金融論、外国為替論、アジア経済。最近は、アジア通貨システムの改革、中国の人民元の国際化を中心に研究されておられます。

『貿易企業の為替リスク管理』(東洋経済新報社)、『ゼミナール為替リスク管理』(有斐閣)、『ゼミナール為替リスク管理・新版』(有斐閣)、『アジアの通貨・金融協力と通貨統合』(文真堂)、『 現代の国際金融を学ぶ』(勁草書房)、『人民元は覇権を握るか – アジア共通通貨の実現性』(中公新書)、『 新版・現代の国際金融を学ぶ』 (勁草書房)など著書多数。

 

問い合わせ先